大崎市古川|内科|小児科|冨樫クリニック

お気軽にお問い合わせください
〒989-6221
宮城県大崎市古川大宮8丁目9-15

地域包括ケア

地域包括ケア

我が国では、団塊の世代が後期高齢者となる2025年を目途に、住み慣れた地域で自分らしい暮らしができるように医療と介護を含めた地域包括ケアの構築を提唱している。大崎市医師会も、このことは重要課題として捉え、常に行政と密接に連携しながら、多職種協働により質の高い在宅医療と介護を包括的かつ継続的に支援できる体制を目指している。また、平成29年より大崎市の委託を受けて大崎市医師会では「大崎市在宅医療・介護連携支援センター」を設置し在宅医療に関する相談窓口や医療・介護関係者の研修等の業務を行っている。
大崎市医師会は、行政と連携して以下の活動を展開している。

(1)休日の急変時に対応する「主治医・協力医制」を構築し、在宅医の肉体的・精神的負担が軽減されている。
(2)ICTであるMCS(メディカルケアステーション)を活用して「おおさき地区医介連ネットワーク」を組織化して多職種間でリアルタイムに情報を共有することで医療と介護の連携が円滑になっている。現在約130名が登録している。
(3)医療職がケアマネジャーやヘルパーさんといったに介護職を対象に「今だから学びたい医学講座」を行い、毎回60名の参加者で介護の質の向上に繋がっている。
(4)在宅医療を中心とした住民向けの何でも相談室「フラッと いしかいサロン」を毎月図書館で開設している。
(5)大崎市多職種劇団を立ち上げ、在宅医療への市民啓発をしている。

大崎市医師会は、在宅医療・介護に多職種で協働体制を構築しているが、
(1)急増する認知症への対応
(2)医学講座や研修会を通じて更なる医療と介護の連携強化
(3)田舎でも急増している1人暮らし
(4)医療的ケア児への支援などの 課題も山積している。


 
アクセス
診療時間
電話
ページのトップへ戻る