ドクターの雑記帳

冨樫クリニック

0229-23-4456
989-6221
宮城県大崎市古川大宮8-9-15

アクセスマップはこちら

診療時間

一般診療

午  前 午  後
8:30〜12:00 15:00〜18:00
※土曜日は13:00まで ※土曜日は午後休診

予防接種

午  前 午  後
8:30〜11:30 15:00〜17:30
※土曜日は12:30まで ※土曜日は午後休診

乳幼児検診

午  前 午  後
8:30〜11:00 15:00〜17:00
※土曜日は受け付けていません。

日曜日・祝日・年末年始

過去の記事一覧

東日本大震災から3年

2014.03.16

東日本大震災から3年東日本大震災から3年。東北の各地は鎮魂の祈りに包まれた。私の周りのすべての人たちは、あの忌まわしい未曾有の大震災を思い浮かべて、自宅や職場そして仮設住宅で、同胞の被害者の冥福を祈った。震災の犠牲者は関連死を含めて2万人以上、仮設住宅への避難所生活者は今も25万人を超える。
 311日はすべてのテレビ局は1日中被災地の状況を報道したが、翌日のテレビ欄には被災の文字さえ見当たらない。
 人間は忘却の生き物である。過去を振り返り、くよくよしても先には進まない。前に進まなければならない。それでも、被災地に行くたびに、遅々として復興が進まない政府の対応には怒りを禁じえない。さらに、オリンピック招致の際の安倍首相のフクシマの状況はアンダ−コントロ−ルされているの発言には、驚愕だ。被災地や原発よりも経済やオリンピックに目を向けているのであろう。
 3年の月日は流れ、震災の記憶が次第に薄れてきている。それでも、今春で閉校となる宮城県女川高等学校の生徒達が開発したたまげ大福だっちゃを冨樫クリニックでも患者さん300個をお渡した。被災地の忘れず、また復興の義援金に少しでもお役にたてれば幸いです。

▲ページの上部へ

Copyright (C) 2009 Togashi Clinic All Rights Reserved.