ドクターの雑記帳

冨樫クリニック

0229-23-4456
989-6221
宮城県大崎市古川大宮8-9-15

アクセスマップはこちら

診療時間

一般診療

午  前 午  後
8:30〜12:00 15:00〜18:00
※土曜日は13:00まで ※土曜日は午後休診

予防接種

午  前 午  後
8:30〜11:30 15:00〜17:30
※土曜日は12:30まで ※土曜日は午後休診

乳幼児検診

午  前 午  後
8:30〜11:00 15:00〜17:00
※土曜日は受け付けていません。

日曜日・祝日・年末年始

過去の記事一覧

東京マラソン参戦記

2013.03.01


	東京マラソン参戦記

遂に東京マラソンを完走しました。大阪マラソンでは、34キロの関門でタイムオ−バ−となり、収容バスに乗った悔しい思いを胸に、 大阪の借りは東京で返すと心に誓いこの日を迎えました。

都庁前をスタ−トして、皇居・銀座・浅草・臨海副都心と42.195キロの東京のど真ん中を36千名のランナ−が駆け抜けました。マラソン大会は、タイムの違いはありますが、ランナ−全員が主人公です。

 12月に入り膝の痛みも和らぎ練習にも熱が入る。

『フルマラソンは生半可な気持ちでは完走はできない。もっと脚力をつけないと30キロ以降は走れない。意地でも完走してやる。』と気合だけは十分で、連日7〜10キロ走り月間の走行距離は200キロを超えた。1月には東京マラソンから案内状が届き、興奮と不安と焦りが錯綜した。仕事よりも家庭よりもマラソン練習が第一である。

悔しいかな。大会2週間前には、両膝に違和感を覚え、次第に膝の内側から下方にかけて痛みが強くなり、3キロ走って激痛が出る始末。脚力と年齢を考慮しない練習のやりすぎは自分でもわかっていた。気合いを入れるため髪もスポ−ツ刈りにしたのに。膝のアイシング、マッサージ、シップそして鎮痛剤(ロキソニンとボルタレン座薬)を使い、大会2日前までは135キロと距離は短いが、毎日走った。故障も怪我も実力の内。誰しも万全で大会を迎えられる訳ではない。『諦めない』と『言い訳しない』を心に誓った。

大会前日は、東京ビッグサイトでランナ−受付をして、新宿のホテルに午後7時到着。一緒に走る姪と応援の兄貴の3人で一緒にビ−ルを飲んで談笑する。遠慮しない他愛ない会話が私をリラックスさせてくれた。午後11時には消灯。

 大会当日は緊張のため午前4時には起床。着替え、朝食そして姪にテ−ピングしてもらう。彼女と完走を誓い熱い抱擁をしていざ出陣。相変わらず、サングラス、iPodと格好だけは若い。幸いジョギングしても膝の痛みはなく、この日を迎えられたことを感激。絶対完走してやると心に誓い、スタ−ト位置に並んだのが午前830分。私の位置は、かなり後方のGブロック。午前910分の号砲の合図にも我々は誰一人身動きしない。915分頃にやや全体が動き出し、スタ−トラインに到着したのは、午前930分。大声援の中をこれから走る私は、高まるテンションを押さえながらストップウオッチを押す。

焦らず、抑えて、ゆっくりとと自分に言い聞かせて5キロ40分弱のラップを守った。左腕に貼った関門の制限時間を見ながら、オ−バ−しない様に十分気を付けた。今回は完走することが目的で、決してスケベ心を出さない様に気を付けた。

 1万人を超えるボランテイアの笑顔、優しさそしてハイタッチに私はパワ−をもらい、150万人を超える観衆からは、声援・勇気・励まし・叱咤。『何のためにエントリ−したの?』『棄権してもいいんですよ』とのメッセージにはファイトがでた。

30キロまでは順調にすすみました。雷門の前では猪瀬知事と握手し、増上寺の前では兄貴に記念撮影をしてもらい、銀座では、お店の人にケ−キを御馳走になった。東京の観光名所を駆け抜けた。膝の痛みもなく、5時間位で完走できるか思ったが、35キロの築地を過ぎたころから膝が痛くなり、佃大橋では走ることが出来なくなった。残り3キロ、2キロ、1キロの立て看板を診る度、もうすぐだ、頑張れ頑張れと自分に言い聞かせた。友人、両親そして家族の声援が聞こえてきた。東京ビッグサイトの最後のコ−ナ−を曲がると東京湾に沿った残り195メ−トル。スポ−ツ番組で何度も見た事があるゴ−ルゲ−トが見えた。走りぬいた達成感と感激で涙が溢れてきた。気持ちよく両手を上げてガッツポ−ズ!5時間3114秒。その後は、脚を引きずりながら、タオルと完走メダルをもらい、4時間50分でゴ−ルした姪、そして応援してくれた兄と喜びを分かち合い、東京駅でビ−ルで乾杯!!

 応援していただいた皆様、有難うございました。感謝いたします。

▲ページの上部へ

Copyright (C) 2009 Togashi Clinic All Rights Reserved.