ドクターの雑記帳

冨樫クリニック

0229-23-4456
989-6221
宮城県大崎市古川大宮8-9-15

アクセスマップはこちら

診療時間

一般診療

午  前 午  後
8:30〜12:00 15:00〜18:00
※土曜日は13:00まで ※土曜日は午後休診

予防接種

午  前 午  後
8:30〜11:30 15:00〜17:30
※土曜日は12:30まで ※土曜日は午後休診

乳幼児検診

午  前 午  後
8:30〜11:00 15:00〜17:00
※土曜日は受け付けていません。

日曜日・祝日・年末年始

過去の記事一覧

大阪マラソン参戦記

2012.12.03


	大阪マラソン参戦記

過酷な初フルマラソンは、私の完走の夢を打ち砕いた。『34キロ関門』を制限時間までに通過できず終り。応援頂いた皆さまのご期待に添えず申し訳ありません。

11月25日に第2回大阪マラソが開催された。約3万名のランナ−が参加した都市型大型マラソン大会である。

膝痛のため9月以降は走れない日が続き、円谷幸吉マラソンと山辺町の星ふるマラソンも棄権した。それでも、筋力が落ちない様に連日トレ−ニングジムに通った。

10月には、整形外科医(フルマラソンをサブフォ-で走るアスリ−ト)に診てもらい、少し走らないで膝を安静にするように指示を頂いた。しかし10月末に大阪マラソンから案内状が届いたら、興奮してきた。我慢できず、少しずつ走る練習を再開。大会1週間前には再び膝の痛みが悪化した。

 大会前日は、夕方に受付のインテックス大阪に到着。100店舗以上の出店あり、まるでお祭りのような賑わい。写真撮影や食事と2時間以上も楽しみました。ホテルに午後9時に到着し11時に就寝。実家の父親からは、もういい加減年なんだから無理するな。途中棄権してもいいからと心配の電話が入った。

大会当日は6時に起床。スタ−ト地点の銀杏並木が綺麗な大阪城に8時半には到着した。

Aブロックから順番にスタ−トですが、私は、初マラソンのため、後方のPブロック(スタ−ト地点より1キロ以上後方)に整列。9時スタ−トの号砲(?)も我々には聞こえず、9時15分位に少しずつ歩きだし、スタ−ト地点を通過したのは、9時半でした。

15キロ地点までは、キロ7分で順調に走れましたが、20キロ付近からは、満身創痍。膝が痛くて走れません。脚を引きずり10メ−トル走って再び歩くといった惨めな格好です。30キロからはほとんど歩いてしまい、周りのランナ−もほとんど歩けず脚を引きずっています。それでも、制限時間の7時間以内で絶対完走しようと、腕を振り一歩一歩脚を進めました。しかし、34キロ地点で悪魔のような係員が、私たちの前に立ちはだかり、歩道を通ってバスに乗るように指示。制限時間オ−バ−です。悔しさともう走らなくて(歩かなくて)もいいのだという安堵感が交錯した。バスでゴ−ル地点に到着。周りが貰っている完走賞とメダルを貰えるはずはなく、ただ虚しく着替えて大阪空港に向かった。7時半の飛行機に乗り、自宅到着10時半。

  くやしい 大阪の借りは東京で返す!

▲ページの上部へ

Copyright (C) 2009 Togashi Clinic All Rights Reserved.