ドクターの雑記帳

冨樫クリニック

0229-23-4456
989-6221
宮城県大崎市古川大宮8-9-15

アクセスマップはこちら

診療時間

一般診療

午  前 午  後
8:30〜12:00 15:00〜18:00
※土曜日は13:00まで ※土曜日は午後休診

予防接種

午  前 午  後
8:30〜11:30 15:00〜17:30
※土曜日は12:30まで ※土曜日は午後休診

乳幼児検診

午  前 午  後
8:30〜11:00 15:00〜17:00
※土曜日は受け付けていません。

日曜日・祝日・年末年始

過去の記事一覧

忘れまい3月11日

2011.04.28

忘れまい3月11日4月24日に鳴子中山平に避難している南三陸町から避難している人達を巡回させていただきました。古川調剤薬局の小田島、高橋、岡薬剤師と一緒です。お話を聞いたり、血圧、血糖測定くらいですが、大変喜んで頂きました。自分が何をすべきか、何ができるか、人間として、医師としての使命を果たしたい。イギリスの皇太子の結婚、芸能界の事件、スポーツ界のニュ−スがテレビから飛び込んでくる。さらに、日々の生活や仕事に追われ、我々の住む東北で起こった被害の甚大さ、後遺症を忘れてしまいそうだ。しかし、同じ東北、宮城県に住んでいる同胞のために何もしないでいられようか?
 私の知人の義父はこれで東北はまた貧乏になるなと言った。東北は、中央から白河以北一山百文と蔑まれた暗い歴史がある。しかし、東北には我慢強さ、粘り強さ、誠実さもある。
私の人生観、価値観、思考を変えてしまった3月11日。
近親者の死の悲しみに耐え避難している人達が今も苦しんでいることを私は決して見捨てはしない。
日本中の仲間に頂戴した義援金、激励の言葉、また多くのボランテアが来てくれたことを私は忘れない。さらに世界中の人が祈ってくれたことも忘れない。
 日本中の仲間から頂戴した援助に応える時がきた。私が天から預かった僅かな強さを示す時が来た。未来の日本のために、未来の子供たちのためにお役にたちたい。

▲ページの上部へ

東日本大震災

2011.04.03

東日本大震災から3週間余り経った今でも、テレビから流れる沿岸部の映像を見るたび涙が流れてきます。帰らぬ児童・生徒は千名を超えた。未就学児の犠牲者も多い。愛児を失った親御さんの心情を思うと慰めの言葉もない。今日も、大崎市で唯一の避難所である武道館に行ってきました。血圧を測ったり、お話をしたりするだけです。今日は、放射能を恐れて避難してきた森さん親子が、相馬市に戻りました。次第に大崎市の避難所生活者も減ってきています。次第に大崎市では復興の兆しが見える。

 死者・行方不明者合わせ2万5千名名以上。同じ国民として、同じ県民として、いや数10kmしか離れていない所で、今も十分な食べ物もなく、灯油もなく寒さに耐え、ガソリンがなく行方不明者を探すこともできず、火葬もできず埋葬せざる得ない状況に流涙せざるを得ない。

一人の人間として何をすべきか?翌日から診療を開始(採血もできず、レントゲン、コンピュ−タ−も壊れました)すると同時に、避難所を巡回させていただきました。大崎市健康推進課と連携し、第4小学校、古川工業高等学校、第5小学校などを中心に回りました。幸い、インフルエンザやノロウイルス胃腸炎などの感染症の蔓延もなく何よりでした。
大崎市のライフラインも徐々に回復しています。ボランテアも活躍しています。日本全国の皆様から東北に向けて応援を頂いております。復興に向けて力を合わせて頑張ります。

▲ページの上部へ

Copyright (C) 2009 Togashi Clinic All Rights Reserved.